ラクに効率的にダイエットを継続する方法

今より痩せたいと思う人ばかりと思いますが、今より太りたいという人はあまりいないのではないでしょうか?

ウエスト周りにぽっこりのっかったお肉を見て、思わずため息ばかりついている毎日ではありませんか?

その気持ち分かります。私も以前はあなたと同じ状態を毎日毎日繰り返すだけの日々だったからです。10代の頃は食べても体重は変わらなかったのに、成人式を迎えてから、すぐに太るようになってしまって、見る間に太っていってしまったのです。

20代の頃はまだ大丈夫かと思っていたのですが、30代になってきたら目も当てられない有様になってきてブヨブヨでメタボで、少し無茶したら不整脈が出るようにもなりました。自分をだましだまし先延ばしにしていましたが、この時点ではあからさまな事実が分かりました。

私誰がどう見ても太っている…

お腹の上には千秋楽の力士さんのまわしのようなお肉がたぷたぷで、少し前かがみになるだけでヤバいと感じるようになりました。

お腹周りの脂肪のたるみをつまんでみては脂肪吸引にしようか、脂肪を溶かす注射を打ってみようかなんて脳裏に浮かぶこともありました。いつもうらめしく買い物にいくたびに他人のウエスト周りを眺めたものでした。

もちろんそんな状況をなんとかしようとして痩せる努力はしました。日中はダイエットのことばかり考えていていつも意識していました。でも続けていけないんです…

ではなぜダイエットを継続できないのでしょうか?そもそも食欲というのは人間の三大要求ですから抑えるのは難しいですね。そういう風に私たち人間は生まれた時から脳内にインストールされていますから食べること眠ること彼氏彼女とエッチをしようとすることはごく自然です。

目の前に食べ物が合ったら食べようとします。眠くなったら寝ようとします。この人素敵と思ったらロマンチックな雰囲気に包まれたいと思います。

食べたいのを辛抱すれば辛抱するほど、そのリバウンドで食べてしまって結局元さやに戻ってしまうのはよく聞く話です。

でしたら運動して食べた分を消費してしまえばいいのですが、運動したら血糖値が下がって食欲が増して、食べてしまうと脂肪になってしまうという、ひたすら同じことの繰り返しになってしまいます。

運動をして食べるのを我慢するのは、ものすごくつらいです。続かないのは当たり前なんです。ダイエットやってすぐに結果が出なければ、これって本当に効果が出るのか?という疑問がふつふつとわきあがってきてやめてしまうのが当然なんです。