痩せないと脂肪がカラダをむしばんでいく

多くの方が肥満に悩んでおられるかと思います。一日に3食も4食も食べるようになったのはここ最近の日本の変化です。明治、大正、昭和と体験した方にとっては最近の飽食は想像もできない世界だったのです。

脂肪はエネルギーを蓄える仕組みとして我々の祖先が体得してきた機能です。倹約遺伝子とも呼ばれていて、このため少し食べても太るように生まれた時からプログラムされているわけです。

食べ物を食したり飲んだりすると脂肪として蓄え、お腹がすいたらエネルギーとして小出しに使えるようにしてあるのです。ですので脂肪は必要不可欠な存在なんです。

でもなぜ脂肪でないといけないのでしょうか?糖質ではだめなのでしょうか?でも糖質は脂肪と違って体内に蓄えるのには向いていないそうです。また糖は浪費してしまい、すぐになくなってしまうそうです。

それに対して脂肪は体内に蓄えやすくて、そう簡単にはなくならなくて、納屋に保管したお芋のように少しづつ使うことができます。

普通財布の中には全財産入れませんよね。ですので銀行に預けてすこしづつ使うわけです。

そんな体の仕組みに変化をもたらしたのが今の飽食の時代です。街を歩けばあらゆる飲食店があふれています。食べるたびに脂肪がたまっていき、今までの長い歴史で体得した脂肪燃焼の仕組みが崩壊しつつあります。

さいげんなく太り続けた結果、がんや脳卒中、心臓病になってしまうケースも発生しています。